デジタルeワークショップとして「2030アジェンダSDGs」、それ以外にも多数実施しています

誰もが自分らしく生きやすくなるために、

目指すのはサステナブルフューチャー・持続可能な未来を築くことです。

2030アジェンダSDGsのワークショップ、SDGs4・ESD持続可能な開発のための教育のワークショップを行っています。

また、演劇的手法ワークショップ、教室と地球をつなぐワークショップ、地元学・地域学、MILメディア情報リテラシー・ファクトチェックのワークショップなども行っています。

ワークショップ

2030アジェンダSDGワークショップでは、基本の「持続可能に未来」、マルチステークホルダーでの「SDGs を活用して市民、企業、自治体で地域課題の解決を目指す」、すすめ方をつくる「自分たちの2030アジェンダSDGsとロードマップをつくろう」をします。また、それ以上のビジョンと計画のワークショップがあります。

SDGs4・ESD for 2030ワークショップでは、基本の「持続可能に未来」、学校での「ESDfor2030 2030・アジェンダSDGs✖教科 =教科連携で学校」、学生、児童・生徒の「SDGs学習ポートフォリオ:SDGs×ライフデザイン」をします。また、それ以上の教員ワークショップがあります。

この問題フェイクニュース・誤情報、生活の問い直し、SDGsの原則、SDG4・ESD for 2030を企業、団体、行政、学校、家庭などでワークショップを行っています。